山陰亭

原文解説口語訳

『後撰和歌集』巻第二・春中・57

家よりとをき所にまかる時、前栽の桜の花にひつけはべりける 菅原右大臣

さくら花ぬしをわすれぬ物ならば 吹きむ風にことづてはせよ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

家より遠い所に下る時、庭先の桜の花に結び付けた歌 菅原右大臣

桜花よ、おまえが主人を忘れないものであるなら
 東から吹いてくる春風に私への言葉を託しておくれ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpg0057.shtml