山陰亭

原文解説口語訳

『後撰和歌集』巻第十九・羇旅歌・1357

道まかりけるついでに、ひぐらしの山をまかり侍て

ひぐらしの山路を暗み小夜さよふけて の末ごとに紅葉照らせる

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

  道を通った際、日暮しの山を通って詠んだ歌

一日過ごした日暮しの山は、木が生い茂って路が暗いので、夜が更けると
 月の光を受けてこずえごとに紅葉が輝いている

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpg1357.shtml