山陰亭

原文解説口語訳

『古今和歌集』巻第五・秋歌下・272

同じ御時せられける菊合きくあはせに、洲浜 すはまを作りて菊の花植へたりけるに加へたりける歌。
吹上ふきあげの浜の形に菊植へたりけるをよめる 菅原朝臣

秋風のふきあげに立てるしらぎくは 花かあらぬかなみのよするか

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

宇多天皇の御時に行われた菊合で、洲浜を作って菊の花を植えた作り物に付けた歌。
吹上の浜の形の台に菊を植えたのを詠んだ歌 菅原朝臣

秋風が吹き上げる吹上の浜に立っている白菊は
 花なのか、それともそうではなくて白波が寄せているのか

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpk0272.shtml