山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』01:039

八月十五夕待月、    八月十五のゆふべに月を待ち、
席上各分一字〈得疎〉  席上おのおの一字を分かつ〈疎を得たり〉

一更待月事何如  一更 月を待つ 事何如いかん
疑是遥旻月歩徐  疑ふらくはれ 遥かなるあきそらに月の歩みのおそきかと
為向東頭千万報  ために東のほとりに向ひて千たびよろづたび報ず
白雲雖密意猶疎  白雲 密なりといへども こころなほ おろそかなり

二更待月事何如  二更 月を待つ 事何如
不見金輪度碧虚  金輪の碧虚へききよわたるを見ず
雨脚〓〓雲蔟蔟  雨脚〓々そうそう 雲蔟々そうそう
秋風為我可乖疎  秋風 我がためそむおろそかなるべし

三更待月事何如  三更 月を待つ 事何如
目倦心疲望裏疎  目み心疲れ 望みのうち おろそかなり
酒是十巡詩百詠  酒は是れ 十たび巡り 詩は百たび詠ず
怪来不照我閑居  怪来あやし くは 我が閑居を照らさざること

四更待月事何如  四更 月を待つ 事何如
鐘漏頻移意有餘  鐘漏ぎようろう しきりに移り こころ あまり有り
縦使清光纔透出  たとひ清光わづかにとほり出づとも
当勝徹夜甚檐疎  徹夜 甚檐じんえんうときに勝るべし

五更待月事何如  五更 月を待つ 事何如
物色人情計会疎  物色と人情と計会けいくわいすることおろそかなり
不恨雲中天已暁  恨みず 雲中天すでに暁になることを
応知陰雨我三餘  知るべし 陰雨は我が三餘さんよ なるを

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb039.shtml