山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』01:072

傷安才子  安才子あんさいしいた

誰疑世俗是風波  誰かうたがはん 世俗 風波ふうは なりと
叫著蒼天痛奈何  蒼天さうてん叫著さけびて いたむこと奈何いかん
已断平生相教授  すでつ 平生へいぜい あひ教授することを
為君西向誦弥陀  君がために 西に向かひて 弥陀みだとなへん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

才能ある安倍あべ君の死をいた

世間では (人生に)風や波が吹きすさぶことは 疑いようがないが
訃報ふほう を聞いて)あの青空に(君の名を)叫び どれほどなげくことか
日常的に 教えることも もはやなくなってしまった
君のため 西に向かって 阿弥陀経あみだきょう となえよう

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb072.shtml