山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:108

酔中脱衣、贈裴大使、  酔中すいちう衣を脱ぎ、はい大使に贈り、
叙一絶、寄以謝之    一絶をべ、寄せてもつて謝す

呉花越鳥織初成  呉花越鳥ごくわえつてう 織りて初めて成る
本自同衣豈浅情  本自もとよ り衣を同じくするに あに浅きこころならんや
座客皆為君後進  座客 ざかく みな君が後進こうしん
任将領袖属裴生  領袖りやうしう任将まかせて 裴生はいせいけん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

酔っている時に服を脱ぎ、渤海ぼつかい大使裴〓はいてい殿に贈り、
絶句ぜっく 一首を綴り、差し上げて感謝の意を示す

の花にえつの鳥(の模様は) 織って初めてできたもの
元来 同じ服を着るのに どうして心が浅薄なのでしょうか
参列者は 皆あなたの後輩です
(座)長にお任せして 裴殿に委ねましょう

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb108.shtml