山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:123

見渤海裴大使真図、有感  渤海裴大使ぼつかいはいたいし真図しんと を見て、感有り

自送裴公万里行  裴公はいこう万里ばんり たびを送りてより
相思毎夜夢難成  あひ思ひて夜ごとに夢がた
真図対我無詩興  真図しんと  我にむかへども 詩興しきよう無し
恨写衣冠不写情  うらむらくは 衣冠いくわんのみ写してこころを写さざりしことを

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

解説

 元慶7(883)年、帰国した渤海大使裴〓はいていを描いた肖像画を前にして詠んだ詩です。時に道真39歳。

 魏の曹植そうしょくに比される即吟の達人相手に、事前準備なし・加筆修正なしの真剣勝負に挑んですっかり意気投合したことは「余、近ごろ『詩情怨』一篇を叙べ、...(2)」の解説にも書きましたが、離京の日が近づいたある日、道真は絵師を呼び、せめてものよすがとして大使の肖像画を描かせたようです。
 それからしばらく寂しくて眠れぬ日が続き、ふと自宅で肖像画を掛けてみたのですが、どうもしっくりきません。生身ではなく平面の人間では、詩を詠んだところで、いくら待っても本韻で詩が返ってくるはずもありませんから。

 精魂を使い果たし、すっかり燃え尽きた感のある道真の心情が窺える詩です。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

渤海ぼつかい大使裴〓はいてい氏の肖像画を見、思うところあって(詠む)

(帰国する)裴氏の長旅を見送って以来
(彼を)思って(眠れず)毎晩夢も見られない
肖像画は 私に向かい合うが (絵が相手では)詩を詠む気にはならない
容姿だけ写して心まで写さなかったことが恨めしい

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb123.shtml