山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:150

七月七日、憶野州安別駕  七月七日、野州やしう 安別駕あんべつがおも

非無遠信屡相聞  遠信無きにあらざれば しばしば 相聞あひきこえども
此夕殊思欲見君  ゆふべ ことに君を見んと思欲おも
珍重牽牛期暁漢  珍重ちんちようす 牽牛けんぎう 暁漢げうかんを期することを
悵然別駕隔秋雲  悵然ちやうぜんたり 別駕べつが の秋雲をへだつことを
定知霊匹同時拝  さだめて知る 霊匹れいひつ 同時に拝すことを
唯恨詩情両処分  ただ恨むらくは 詩情 両処りやうしよに分かるることを
依乞平安帰洛日  りてふ 平安に帰洛きらく する日を
満庭香粉幾紛紛  庭に満つる香粉きやうふん いくばくか紛々ふんぷんたらん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

七月七日、上野介こうずけのすけ 安倍興行あべのおきゆき殿を想う

遠方からの便りがないわけではないので 頻繁に連絡を取っているが
今宵は とりわけ君に逢いたいと思う
ありがたいのは 牽牛けんぎゅうが 夜明けの天の川で(織姫に)逢うこと
残念なのは すけ殿が秋の雲に隔てられていること
きっと分かっている 牽牛と織姫の二星を (僕達は)時を同じくして拝んでいると
ただ恨めしいのは 詩心が(都と上野国こうずけのくにの)二所ふたところに離れていること
そこで(天の川に)願う (君が)無事に帰京する日を
(その時)庭一面に どれほどの花がかぐわしく咲き乱れているだろうか

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb150.shtml