山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:179

夏日、四絶(1) 苦熱  夏の日、四絶(1) 熱きに苦しむ

未出炎蒸天地鑪  炎蒸えんしょうなる天地のゐろりを出でず
況行世路甚崎嶇  いはんや 世路を行くことのはなは崎嶇きくならんや
家児不放山林去  家児かじは山林に去ることをゆるさず
苦熱庸材一腐儒  熱きに苦しむ 庸材ようさいの一腐儒ふじゆ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

夏の日、絶句四首(1) 熱さに苦しむ

蒸し暑い天地の火鉢から出られないようだ
まして 世間を進むことのひどく険しいことといったら
(だが)子供がいると(暑さと艱難な世間を逃れて)山中に行くことはできない
熱さに苦しむ 凡庸な一人の腐れ儒者

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb179.shtml