山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:181

夏日、四絶(3) 新竹  夏の日、四絶(3) 新たなる竹

此君分種旧家根  の君は種を旧家の根より分かつ
一二年来最小園  一二年よりこのかた 最も園に小さし
今夏新生長又直  今夏 新たに生ず 長く又なほ
剪将欲入釣翁門  剪将りて釣翁てうおうの門に入れんとほつ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

夏の日、絶句四首(3) 新たな竹

(この家の)竹は旧居(の庭)から根分けした
ここ一二年 庭の中で一番小さかった
今年の夏 新たに生えたのは 長くてまっすぐなもの
切って(釣り竿として)釣りをする老人の門口に入れたいものだ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb181.shtml