山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』02:182

夏日、四絶(4) 沙庭  夏の日、四絶(4) いさごの庭

分合家中三径斜  家中を分合ふんかふして三径さんけい斜なり
自慙明後満庭沙  自らづ 明後満庭の沙を
不須詩酒来喧聒  もちゐず 詩酒来ること喧聒けんくわつなることを
為是我開白菊華  是れ 我が白菊のはなを開かしむるためなり

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

夏の日、絶句四首(4) 砂の庭

家の中を分けて三本の小道が斜めに走る
自然と情けなくなる 夜が明けた後の庭一面の砂に(賢人が訪れない光景に)
(だが人を招いて)詩と酒で大騒ぎしようとは思わない
(庭に砂を敷いたのは)白菊の花を咲かせるためなのだから

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb182.shtml