山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』03:194

始見二毛  始めて二毛 じぼうを見る

我老於潘一十年  我 はんより老いること一十年
二毛何処甚留連  二毛 いづれのところにかまこと留連りうれんしたる
当初不見今初見  当初は見えざるに 今初めて見ゆ
為是愁多臥海〓  うれへ多くして 海〓にためなり

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

初めて二毛(白髪交じりの頭)を見る

私は(三十二歳で白髪を見つけた)潘岳はんがくより十歳も年を取っている
この十年間 二毛は本当にどこに留まっていたのか
赴任したばかりの頃は見えなかったのに 今初めて見えた
それは愁い多く 波打ち際に横たわっているからなのだ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb194.shtml