山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』03:206

寒早、十首                 寒は早し、十首
〈同用「人」「身」「貧」「頻」四字〉(7)  〈ともに「人」「身」「貧」「頻」の四字を用ふ〉(7)

何人寒気早  いづれの人にか 寒気早き
寒早賃船人  寒は早し 賃船ぢんせんの人
不計農商業  農商のわざを計らず
長為〓直身  長く〓直しうちよくせらるる身
立錐無地勢  きりを立てんとすれども 地勢ちせい
行棹在天貧  そをおこなへども 天貧てんひん
不屑風波険  風波のけはしきはせつならず
唯要受雇頻  ただもとむるのみ ひを受くることしきりならんと

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の寒さが早く訪れる、十首
〈皆「人」「身」「貧」「頻」の四字を(韻字として)用いる〉(7)

誰に 冬の寒さは早く訪れるのだろう
冬の寒さは早く訪れる 雇われて船を出す人に
農業や商売という仕事(に従事すること)を考えることなく
いつも(人に)雇われる身
きりの(先を)立てようとしても (それだけの)土地もなく
さおを使っても 生まれつき貧しいままである
風や波が激しいのは気にならない
ただ 頻繁に雇ってくれるようにと願うばかりである

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb206.shtml