山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』03:207

寒早、十首                 寒は早し、十首
〈同用「人」「身」「貧」「頻」四字〉(8)  〈ともに「人」「身」「貧」「頻」の四字を用ふ〉(8)

何人寒気早  いづれの人にか 寒気早き
寒早釣魚人  寒は早し 魚を釣る人
陸地無生産  陸地に 生産
孤舟独老身  孤舟に 独り老ゆる身
〓絲常恐絶  いとたはむれども 常に絶えんことを恐れ
投餌不支貧  ぐれども 貧を支へず
売欲充租税  売りて租税 そぜいてんと欲すれば
風天用意頻  風天 こころを用ゐることしきりなり

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の寒さが早く訪れる、十首
〈皆「人」「身」「貧」「頻」の四字を(韻字として)用いる〉(8)

誰に 冬の寒さは早く訪れるのだろう
冬の寒さは早く訪れる 魚を釣る人に
陸地に 生業なりわいなく
一隻の舟に 独り年老いる身
釣り糸をたわめても いつも切れないかと恐れ
餌を投げて(魚を釣り上げて)も 貧しさの足しにはならない
(釣った魚を)売って税に充当しようとするので
風向きと天候に 気を遣うこと頻繁である

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb207.shtml