山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』03:225

書懐贈故人  懐《おも》ひを書して故人に贈る

在遠相思一散人  遠きにりてあひ思ふ 一故人
花前月下海辺春  花前月下 海辺の春
劉〓旧説君聞取  劉〓りゆうきんの旧説 君聞取せよ
莫党同門妬道真  同門に党して道の真をねたむことなかれ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

思いを(詩に)書いて親友に贈る

遠くにあって思い出すのは 一人の親友(である君の事)
花の前に月のもと(で迎えた) 海辺の春
劉〓りゅうきんが昔語った言葉を お聞き下さい
党派に属して道芸の真(芸術の本道)を嫉妬してはならないと

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb225.shtml