山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:248

春日独遊、三首(2)  春日しゆんじつに独り遊ぶ、三首(2)

花凋鳥散冷春情  花はしぼみ 鳥はさんじ 春情しゅんじやう 
詩興催来試出行  詩興しきよう 催来うなが して こころみに出て行く
昏夜不帰高嘯立  昏夜こんや も帰らず 高嘯かうせうして立たば
州民謂我一狂生  州民しうみん われはん 一狂生いちきやうせい

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

春の日にひとり外出する、三首(2)

(晩春ともなると)花はしおれ 鳥は散り散りになり 春を楽しむ気持ちに水を差す
(それでも)詩心をせき立てて 試しに出歩いてみる
夕暮れになっても(興に乗ったまま)帰らず 声高に詩句を吟じながら立っていると
この国の民衆は 私のことを言うだろう 気がふれた奴だと

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb248.shtml