山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:249

春日独遊、三首(3)  春日しゆんじつに独り遊ぶ、三首(3)

日長不得久眠居  日長ければ 久しく眠りることを
出引諸児且読書  出でて諸児しよじ ひきゐて 書を読まんとす
適遇多情垂釣叟  たまたま ふ 多情たじやうの つりいとるるおきな
各言其志不言魚  おのおの の こころざしを言ひ うをを言はず

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

春の日にひとり外出する、三首(3)

日足が長いと 長い間眠ることもできず
子供達を連れ出して (勉強がてら)書籍を朗読ろうどくしようとする
(すると川辺で)偶然 情操豊かな老人が釣り糸を垂れているところに出会い
それぞれ 志の発はつろ たる詩を詠じ 魚の話は出なかった

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb249.shtml