山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:253/『和漢朗詠集』01:195

新蝉  新たなるせみ

新発一声最上枝  新たに一声をはつす 最上の枝
莫言泥伏遂無時  言ふなかれ 泥に伏してつひに時しと
今年異例腸先断  今年は例にことなり はらわた 
不是蝉悲客意悲  れ 蝉の悲しぶにあらず 客意かくい の悲しぶならん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

新たに鳴き始めた蝉

新たに鳴き始めた 樹木のこずえ
言わないで欲しい 泥に隠れて とうとう時機を得ることがなかったとは
今年は例年と違い (鳴き声を聞くと)まっさきに悲痛な気分になる
これは蝉ではなく 旅人たる私が悲しいのだろう

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb253.shtml