山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:275

冬夜、対月憶友人  冬の夜、月にむかひ友人をおも

月転孤輪満百城  月は孤輪を転じ 百城はくせいに満つ
無端悩殺客中情  はし無く悩殺す 客中のこころ
山疑小雪微微積  山は疑ふ 小雪せうせつ微々びびとして積もるかと
水誤新氷漸漸生  水は誤つ 新氷の漸々せんせんとして生ずるかと
永夜猶宜閑望坐  永夜 なほ閑望してすわるによろ
寒嵐不得出遊行  寒嵐かんらん 出遊しゆついうしてあるくことを得ず
毎思玄度腸先断  玄度けんと を思ふごとに はらわた づ断ゆ
空放吟詩一両声  空しくほしいままにす 詩を吟ずる一両声

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の夜、月に向かい友を想う

月はただ一つの輪をめぐらせ (光が)国中に満ち溢れる
思いがけず悩ませる 旅の最中の心を
山は(月の光を受け) わずかな雪がかすかに積もっているのかと怪しみ
川は(月に照らされて) 新たな氷が徐々に張るのかと見まちがえる
長い(冬の)夜には やはり静かに(月を)仰ぎ見て座っているのが良い
山の気は冷え冷えとして 外出して遊び歩くことはできない
(月を愛でた)許詢を思うたびに 腸が断ち切れんばかりの痛切な哀しみに襲われる
なす術なく思うまま 詩を詠じるひと声ふた声

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb275.shtml