山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:298

八月十五日夜、思旧有感  八月十五日の夜、むかしを思ひて感有り

菅家故事世人知  菅家の故事 世人知れり
翫月今為忌月期  月をもてあそぶも 今は忌月の期なり
茗葉香湯免飲酒  茗葉めいえふの香湯 飲酒をまぬか
蓮華妙法換吟詩  蓮華の妙法 吟詩に換ふ
如何露溢思親処  如何いかん せん 露溢れて親を思ふところ
況復潮寒望闕時  況復いはんや 潮寒くしてけつを望む時をや
従始南来長鬱悒  始めて南に来てより とこしへに鬱悒うついふたり
就中此夜不勝悲  就中なかんづく此の夜は 悲しみにへず

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

八月十五日の夜、昔を思い出して心を動かす

(宴席を設けて八月十五日の月を鑑賞するのは)菅原家の故事だと 世間の人は知っている
(しかし昔こそ)月を愛でたが 今は父の死んだ月だ(から宴は開かない)
香り高い茶を飲んで 飲酒を避け
法華経を読誦して 詠詩の代わりとする
どれほどのものか 露が満ちあふれる(異郷の)地から親を思う気持ちは
ましてや 海が寒々とする季節に都を望み見る時(の切なさ)は
初めて南海讃岐に来てからというもの ずっと塞がった気分でいたが
とりわけ今夜は (月見の詩宴を思い出して)悲しみがこらえきれない

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb298.shtml