山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:309

冬夜、九詠(2) 独吟  冬の夜、九詠(2) 独りぎん

牀寒枕冷到明遅  さう寒く 枕冷ややかにして めいいたること遅し
更起燈前独詠詩  さらに起き 燈前とうせんに独り詩を
詩興変来為感興  詩興しきよう 変来かはりて 感興かんきよう
関身万事自然悲  身にかかはる万事 自然おのづからに悲し

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の夜、九首(2) 独り(詩を)

寝床は寒く 枕は冷え冷えとして 夜明けが来るのは遅い
改めて起き ともしびの側で独り詩を詠む
詩を詠みたいと思う気持ちは 移り変わって 物事に心動かされる気持ちになる
(我が)身に関することは全て おのずと悲しい

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb309.shtml