山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:312

冬夜、九詠(5) 老松風  冬の夜、九詠(5) 老松らうしようの風

聞暁風吹老大夫  暁風げうふう老大夫らうたいふを吹くを聞く
冷冷恰似砕珊瑚  冷々れいれいとして あたか珊瑚さんご を砕くに似たり
牀頭不得閑交睫  牀頭さうとうに しづかにまつげまじふることを得ず
入髄寒声可厭無  髄に入る寒声 いとふべきやいな

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の夜、九首(5) 松の古木に吹く風

夜明けの風が 松の古木に吹きつける音を聴く
(その音は)寒々と(響き) まさに珊瑚を砕くようだ
寝床では (物思いで)心安らかにまぶたを閉じることができない
心の底に染み渡る冷え冷えとした響きは (眠りを妨げる音として)嫌うべきかどうか

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb312.shtml