山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:314

冬夜、九詠(7) 野村火  冬の夜、九詠(7) 野村 やそんの火

非燈非燭又非蛍  ともしびあらず ともしびに非ず また蛍にも非ず
驚見荒村一小星  驚きて見る 荒村くわうそんの一小星
問得家翁沈病困  問ひ得たり 家翁 かおう病困へいこんに沈めば
夜深松節照柴〓  夜深けれども 松節しようせつの 柴〓さいけいを照らせりと

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の夜、九首(7) 田舎の村のともしび

燭台しょくだいの火でもなく ろうそくの炎でもなく また蛍(の光)でもない
(こんな夜遅くにと)驚いて眺めた 寒村に輝く一点の星
(人に)尋ねたところ (その)家の老人が病気に苦しんでいるので
深夜になっても 松明たいまつで 貧居を照らしているそうだ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb314.shtml