山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』04:315

冬夜、九詠(8) 水声  冬の夜、九詠(8) 水声

夜久人閑也不風  夜久しく人しづかにして また風あらず
潺湲触聴感無窮  潺湲せんゑんとして聴くに触れ 感きはむること
石稜流緊如成曲  石稜せきろう 流るることきびしくして 曲をすがごと
疑是湘妃怨水中  うたがふらくは 湘妃しやうひの水中にうらむかと

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

冬の夜、九首(8) 水の音

夜は長く人は静か また風も吹かない
さらさらと(流れる音を)耳にすると 果てしなく心が動く
切り立った石を(水が)流れるさまは あたかも音楽となるようだ
湘水しょうすいの女神たちが(亡きしゅん帝を想って)水の中で悲しんでいるのだろうか

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb315.shtml