山陰亭

原文解説口語訳

『菅家文草』05:425

夏日、餞渤海大使帰、  夏日、渤海ぼつかい大使の帰るをはなむけし、
各分一字〈探得途〉   おのおの一字を分かつ〈探りて途を得たり〉

初喜明王徳不孤  初め明王の徳は孤ならざることを喜びしも
奈何再別望前途  再び別れて前途せんと を望むことを奈何いかん せん
送迎毎度長青眼  送り迎ふる度毎たびごとに とこしへに青眼なれども
離会中間共白鬚  離れ会ふ中間に 共に白鬚なり
後紀難期同硯席  後紀こうき  期しがたし 硯席けんせきを同じくせんことを
故郷無復忘江湖  故郷 また江湖かうこ を忘るることかれ
去留相贈皆名貨  去るも留るも あひ贈るは皆名貨めいくわなれど
君是詞珠我涙珠  君はれ詞のたまにして 我は涙の珠なり

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

夏の日、渤海ぼっかい大使(裴〓はいてい)の帰国に際して送別の宴を開き、
各自に韻字一字を割り当てた〈探韻して「途」を得た〉

当初は(あなた方の来朝によって)徳のある名君には必ず協調する者がいると喜びましたが
再度別れて将来(の再会)を期待しようにもままなりません
見送り迎える度ごとに いつも笑顔で迎えましたが
離別し再会する間に 共にあごひげが白くなりました
(次回使節団が入京する)十二年後に同席して詩を作ることは 期しがたいでしょう
(しかし)故郷に帰っても (この国の)川や湖をお忘れにならないで下さい
去る者も残る者も 優れた宝物を贈りますが
(私達が贈るのは)あなたが(詩という)珠玉の言葉で 私は涙の玉なのです

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb425.shtml