山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』476

五言 自詠

離家三四月  家を離れて 三四月
涙落百千行  落つる涙は 百千行
万事皆如夢  万事皆夢の如し
時時仰彼蒼  時時さうを仰ぐ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

五言 自詠

自宅を離れてから 三四か月が過ぎ
落ちる涙は とめどなく流れる
過去のことはすべて夢のようで
今は時々あの青い天を仰ぐだけである

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb476.shtml