山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』485

秋夜〈九月十五日〉  秋の夜〈九月十五日〉

黄萎顔色白霜頭  黄萎くわうゐ顔色がんしよく 白霜はくさうかうべ
況復千餘里外投  況復いはんや 千餘里外せんよ りがいに投ぜられしをや
昔被栄花簪組縛  昔 栄花えいぐわ 簪組しんそ しばられしも
今為貶謫草莱囚  今 貶謫へんたく 草莱さうらいとりこ
月光似鏡無明罪  月光 鏡にたれども 罪を明らむること
風気如刀不破愁  風気 刀のごとくなれども うれへを破らず
随見随聞皆惨慄  見るにしたがひ聞くに随ひ 皆惨慄さんりつたり
此秋独作我身秋  の秋はひとり我が身の秋と

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

秋の夜〈九月十五日(の作)〉

黄ばんだ容貌ようぼう 白くなった頭
まして 千里あまり外に投げ出されたこの身の上といったら
昔は 栄進して (高官として)かんざし印綬いんじゅ(印を帯びるひも)にしばられていたのに
今や 遠方に左遷され 荒れ野の捕虜ほりょ である
月の光は鏡に似てはいるが 罪を明らかにはせず
風は 刃物のようにするどくても 憂いを突き破ることはない
(月の光を)見るにつけ(風の音を)聞くにつけ 皆痛切に感じる
今年の秋は私一人だけの秋なのだ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb485.shtml