山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』493

南館、夜聞都府礼仏懺悔  南館にて、夜に都府とふ礼仏懺悔らいぶつざんげするを聞く

人慚地獄幽冥理  人はづ 地獄幽冥 ぢごくいうめいことわり
我泣天涯放逐辜  我は泣く 天涯放逐てんがいはうちくつみ
仏号遥聞知不得  仏号 遥かに聞こゆれども 知ることを得ず
発心北向只南無  発心ほつしん 北に向かひ ただ 南無なむとのみ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

南館で、夜に大宰府だざいふ政庁で仏を礼拝し罪をい改めるのを聞く

人は恥じる 地獄の奥深くで暗い道理に
私は泣く 天の果てに追放された罪に
仏の名は 遥かに聞こえても (どの仏か詳しく)知ることはできない
信仰心を起こし 北に向かい ただ 南無なむ帰依きえします)とばかり

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb493.shtml