山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』495

梅花

宣風坊北新栽処  宣風坊せんぷうばうの北 新たにゑしところ
仁寿殿西内宴時  仁寿殿じじゆうでんの西 内宴の時
人是同人梅異樹  人はれ同じ人 梅は異なる樹
知花独笑我多悲  知りぬ 花の独り笑み 我はまさに悲しぶことを

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

梅花

宣風坊(左京五条)の北 自宅に新しく植えた所の梅
仁寿殿の西 内宴の時咲いていた梅
今年も人は同じ人だが 梅は別の木
気づいたのは 花だけがひとり笑い 私はただ悲しんでいること

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb495.shtml