山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』496

奉哭吏部王〈故一品親王〉  吏部王りほうおうこくたてまつる〈故一品いつぽん親王なり〉

配処蒼天最極西  配処はいしよ蒼天さうてん 最も西をきはむれど
恩情未見阻雲泥  恩情おんじやう雲泥うんでいはばまれず
去年真跡多霑潤  去年の真跡しんせき 多く霑潤てんじゆんなれど
今日飛聞甚懆悽  今日こんじつ飛聞 ひぶん はなは懆悽さうせいなり
元老応無朝位立  元老げんらう無かるべし 朝位てうゐ に立つこと
林亭只有夜禽棲  林亭りんていただ有らん 夜禽 やきんむこと
世間自此琴声断  世間 れより琴声きんせい
不独人啼鬼亦啼  独り人のくのみにあらず また啼かん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

式部卿しきぶきょう逝去せいきょいたみ申し上げる〈亡き一品いっぽん本康もとやす)親王のことである〉

(私の)左遷された地は西の空の果てだが
(親王の)厚情は遠く離れても変わらなかった
昨年の直筆(の手紙)は とても恩情のこもったものであったのに
今日の急な知らせは ひどく痛ましい
長老が 朝廷に地位を占めることはないだろう
林亭は(主を失って) ただ夜行性の鳥が生息するのだろう
今後 世の中に琴の音は絶え
人間が慟哭どうこくするだけではなく 鬼神も(琴の名手を失って)慟哭するであろう

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb496.shtml