山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』497

種菊  菊を

青膚小葉白牙根  青膚せいふ の小葉 白牙はくが の根
茅屋前頭近逼軒  茅屋ばうおくの前頭 近くのきせま
将布貿来孀婦宅  布をもつ貿へ来たり 孀婦さうふ いへ
与書要得老僧園  書を与へてもとめ得たり 老僧の園
未曾種処思元亮  つてうるところ 元亮げんりやうを思はず
為是花時供世尊  れ花の時 世尊にそなふるためなり
不計悲愁何日死  はからず 悲愁 何れの日にか死すと
堆沙作〓荻編垣  いさごうづたかくしてませを作り おぎかきに編む

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

解説

 延喜2年春、やはり道真は庭に菊を植えていました(『菅家文草』04:303「諸の小郎と同じく、客中の九日、菊に対ひて懐ひを書す 」)。未亡人とは布との物々交換、僧侶には手紙をしたため、従者を通じて得た苗を、部屋から見える場所を選んで植えました。「釈迦世尊に供えるためであって菊を愛した陶潜(陶淵明)にちなんでのことではない」と、言い訳をしてはみるものの、湿気がちな土壌で根腐れを起こさないよう、砂で土手を作り、自分の手で植え、踏まれないように垣根を作る、その行動は念に入ったものでした。

 秋になって花開くまで、自分の命が持つか定かではありませんでしたが、世話の甲斐あってこの年は幸い白さを愛でることができました。それが最後の秋ではありましたが。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

菊を植える

表面が青い小さな葉 白い牙のような根
ちがや いた家のほとり 軒端のきば に迫る(庭先に菊の苗を植えた)
布と交換したのは 未亡人の家(の菊)
手紙を贈って入手できたのは 年けた僧侶の庭(の菊)
今まで(菊を)植えたのは 陶潜とうせんを想ってではない
花が咲いた時 御仏にお供えするためだ
悲しみや憂いで いつ死ぬか 分からないが
砂を積み上げて土手を作り おぎで垣根を編む

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb497.shtml