山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』499

二月十九日  二月十九日

〓西路北売人声  かくの西 みちの北 売人の声
無柳無花不聴鶯  柳無く 花無く うぐひすをも聴かず
自入春来五十日  春に入りしよりこのかた五十日なれど
未知一事動春情  一事の春情を動かすことを知らず

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

(延喜二年)二月十九日

城郭の西 道の北には 物売りの声
柳もなく 花もなく 鶯の声も聞こえない
(年が明けて)春になってから五十日になるが
春ののどかな気分を催させるものはない

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb499.shtml