山陰亭

原文解説口語訳

『菅家後集』505

秋晩、題白菊  秋のくれ、白菊に題す

涼秋月尽早霜初  涼秋の月尽きて 早霜の初め
残菊白花雪不如  残菊の白き花は 雪もかず
老眼愁看何妄想  老眼 うれへてるは 何の妄想ぞ
王弘酒使便留居  王弘わうこうが酒の使ひならば 便すなはとどかん

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

晩秋、白菊を詩題にして

九月の月も果て 初霜の降りる時期
時節遅れで咲いた菊の白さには 雪も及ばない
老眼で 憂いつつ見るのは 何の妄想だろう
陶潜とうせんの時のように)王弘おうこうの元から酒を運んできた使者なら そのまま引き止めておこう

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcpkb505.shtml