山陰亭

原文解説口語訳

『拾遺和歌集』巻第十六・雑春・1006

流されはべりける時、家の梅の花を見侍て 贈太政大臣

東風こち吹かばにほひをこせよ梅の花 あるじなしとて春を忘るな

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

解説

 ほとんどの方がご存じだと思います。延喜元(901)年自宅での作。
 京都を出たのが2月1日。太陽暦(グレゴリオ暦)に直せば2月27日。
 ここで梅が擬人化されているのは興味深いのですが、人事にかかわりなく自然は移り変わり行くもので、同じ光景が違って見えるのは人間の心境によるものなんですよね。
 しかも、「梅の香りは恋しい人を思い出させるもので、妻への思いを込めた」という解釈(中島信太郎『菅原道真』)もあります。彼には自身の運命を歎くだけでなく、家族を思いやる余裕がありました。それが自責の念を一層あおったのですが。

 ところで、承久本『北野天神縁起絵巻』の紅梅殿別離のシーン、つい道真と紅梅に関心が向くのですが、目を左に転じると対屋で嘆き悲しむ女性達の姿が見えます。そのうち几帳の陰に伏しているのが北の方とされ、夫婦を左右に配置して永遠の別れを暗示しているとか。なかなかうまい表現だと思いませんか。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

口語訳

流された時、家の梅の花を見て 贈太政大臣

東から春風が吹く時期になれば、香りを(風に乗せて、西の果て九州の地まで)送り寄こしなさい、梅の花よ
主人がいないからと言って、春を忘れるなよ

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jcp/jcps1006.shtml