山陰亭

橋本義彦「学者と公達」『平安の貴族と宮廷』吉川弘文館 1996

 時平伝が道真伝にすりかわっている『大鏡』(平安後期成立)以来、この両者を対比して扱うのはよくあるやり方です。そのせいか一般の歴史関係の雑誌で藤原氏を特集すると、道真と藤原時平が必ずセットで登場します。どっちがおかず扱いされているかは言うまでもありませんね。

 この文章もその延長線上にあるのですが、そこは専門家。偏見にとらわれずに筆を進めます。根っからの学者と名門の少壮政治家、こんな2人の二頭政治に対し、どこに周囲の不満が向けられたか。そして時平の固執したものは何だったのか。それは読んでのお楽しみ。
 道真の後半生における急激な出世がいかに異常なものか、そして失脚の原因がどこにあるのかよく分かります。

 ただ、道真本人にはあまり関心がないようで、両者の関係についてもう少し突っ込んで考えても良かったのでは、と思います。誤解している方も多いのですが、最初から対立していたわけではないんです。道真が単なる天皇のブレーンであれば、結果は随分違ったことでしょう。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jrb/jrbyhsm.shtml