山陰亭

村井康彦『平安京年代記』京都新聞社 1997

 どう見ても一般向けに書かれた本なのに内容充実のお買い得。
 柔らかい文章を書くのに硬い本を使うのはよくある方法ですが、この本はその良い例で、簡潔で分かりやすいのに記述はそこそこ(27ページの「(延暦)七年八月」は「九月」だとか、時々間違いがあるのです)信頼できるというすごい本です。しかも各項目の題名だけでも楽しめます。

 平安京の人々をめぐるエピソードを紹介した本は他にもありますが、長岡京とか平安初期といった、あまり話題にされない時代の話が多く、平安時代と聞いて国風文化、十二単といったイメージが浮かぶ人は目を通しておいてください。いかに常識に嘘が多いか良く分かりますよ。「国風」という言葉そのものが「田舎」を指す言葉ですしね。

 巻末には「平安京人物誌」として本文中に登場した人物の説明がついています。これを読まなくても充分理解できるのですが、ちょっとしたリファレンス代わりに使えるので、他の本を読む時に便利だと思います。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jrb/jrbymri.shtml