山陰亭

平岡野神社(8KB)
平岡野神社

所在地:石川県金沢市広岡
 交通:JR北陸本線・金沢駅下車

格好の駅チカ利家御膳

格好の駅チカ

(傾向)アクセスの良さに思わず感激。
(対策)乗り継ぎの合間に途中下車。

 金沢駅西口を出てすぐ、APAホテル金沢の西にあります。あまりに立地条件が良いので、道路を挟んだ脇には北陸本線の高架が走っています。

 創建は桓武天皇の時代(平安時代の初頭)で、道真は相殿として紀記神話な神々と一緒に合祀されています。大分類としては天神社ではなく山王さんでしょうが、電車の待ち時間で参拝できてしまう、ありがたい神社です。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

利家御膳

(傾向)かの大友楼、期待はおのずと膨らむ。
(対策)料亭を相手にするには、もうちょっと奮発する必要が。

 百万石のお膝元なら食べるものには事欠くまいと、のぞいてみたのは駅弁売場。確かに色々並んでいます。
 NHK大河ドラマに合わせて作られた(らしい)のが、初代藩主の名を冠した「利家御膳としいえごぜん」。製造元は金沢屈指の料亭・大友楼。姉妹品に、ちらし寿司一段重の「おまつ御膳」もあります。お値段ともに1000円也。

利家御膳の外観(7KB)
利家御膳の外観

 大名駕篭を模した紙製の二段重。房がついたオレンジ色のゴムバンドで留めてあります。

 駕篭の持ち手部分、「おてもと」と書かれた細長い箱を開けると、箸袋に入った割り箸が出てきます。この箸袋もなぜか専用品で、表に商品名と製造元情報、裏側に初代から14代までの歴代藩主のフルネームが列挙してあります。前田綱紀つなのりって3代目っぽいけれど、実は5代目なんだ、ちゃんと覚えておこう……って、歴史の時間じゃないのでとりあえず食事始めたいんですけど。

お手紙(左)とおかず(右)(14KB)
お手紙(左)とおかず(右)

 上段は製造元のごあいさつから。お手紙の下はおかずの詰め合わせとなっています。左側にハンバーグらしきものが見えますが、実際は蓮根とひき肉の組み合わせでした。右奥は何かのあえもの(郷土料理かと思ったものの、詳細は不明)。
 右手前は治部煮じぶに生麩なまふ と干椎茸の含め煮が乗っています。わさびも乗っていますが、苦手なので割り箸に残らないよう苦心して取り除きます。

 治部煮は片栗粉をまぶした具材(今回は鶏肉)を醤油ベースの煮汁に投入して加熱したもの。片栗粉で煮汁がどろどろになるのが特徴です。洗い物の手間を考えるとあまり作るべきではありませんが、個人的には好きな料理で、ホテルの和食処でアラカルトメニューを選んだ際は最初に注文したほどです(場所柄ブロイラーではなく合鴨だったのも一因……)。味は優しい、というかちょっと弱い(薄い)ですね。

利家年譜(左)と御飯(右)(12KB)
利家年譜(左)と御飯(右)

 下段のお手紙は前田利家の年譜。今更なんだけど尾張出身なんだ……って、今度こそ頭を使わずに食べさせて下さい(泣)。中身はひょうたん型の白御飯と梅型の炊き込み御飯。プラスデザートのプチ大福。どの駅弁にも、お約束のようにこの大福が入っていて、饅頭のたぐいが食べられない人間としてはかなり困りました。

 パッケージ先行型だけに価格相応かなとは思いますが、さんざん作り込んだ「富山味めぐり」の後だとどうしても印象が薄くなりますね。名店の気分だけ食べている感じでした。

 以下金沢での蛇足。
 閉店前の近江町市場で言い値で買わされた甘海老といい、駅のスーパーで買った地場物の刺身盛り合わせといい、天下の金沢にしては程遠い水準で、ホテルの客室で食べながら思わず頭を抱えてしまいました。歯触りシコシコ、うまみがジンワリ、というのを本気で期待していたんですけどねぇ。あのへたり具合、近所のスーパーに明らかに負けていました。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpknhr.shtml