山陰亭

町田天満宮(6KB)
町田天満宮

所在地:東京都町田市原町田
 交通:JR横浜線・町田駅下車

東京南部の天神社

東京南部の天神社

(傾向)「由緒書き下さい」攻撃は、ここぞという時のチェック手段。
(対策)窓口に常備しているところから、作っていないところまで、対応は色々です。

 JRと並行して走る太い通りを鳴瀬方面へ歩けば、途中で遊歩道に入ります。後はそのまま境内へ。
 創建は16世紀後半と言いますから、歴史は案外古いです。若干広めの境内に、参道に沿って石灯籠が散在する、ごく普通の神社ですが、由緒書きをお願いした時の対応が丁寧だったのが印象に残っています。朱印もなかなか良い字ですよ。

 絵馬の絵柄は濃い桃色と白の2種類の花が咲く曲がりくねった梅の木。下に「思いのままの梅」とありますが、これは謎掛けでも何でもなく、「思いのまま」という、れっきとした品種名です。別名「りん違い」。実際は2色が入れ違いに咲くのではなく、紅梅の塊と白梅の塊が半分ずつ、1本の木を取り囲むように花をつけます。1粒で2度おいしいへそ曲がりぶりが、お気に入りの品種です。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpmach.shtml