山陰亭

神田天満宮(6KB)
神田天満宮

所在地:大阪府寝屋川市上神田
 交通:京阪電鉄バス・上神田バス停下車

雨上がりの少女

雨上がりの少女

(傾向)ローカルな神社はいきなり地域住民が登場するので気が抜けない。
(対策)観光客のフリ。

 京阪バス14系統は大和田・萱島・寝屋川市の連続する3駅間を結びます。萱島かやしま駅前を過ぎ、上神田でバスを降りて北へ進み、最初の角で左折すれば、道路の右側に神社があります。
 入口付近の台の上に、石の人形が立っています。小さな笠をかぶり、着物をまとった少女が、両手で支えるのは金属板。その説明によれば、本殿右脇のくすは樹齢約1000年の古木で、楠木正成くすのきまさしげが陣を張ったという言い伝えもあるそうです。
 そして最後に「このサインは鉢かづき姫をモチーフにしました」というただし書きが。かぶっていたのは笠ではなく鉢だったのです。確かに、この辺を舞台にした物語に鉢が頭から外れなくなったお姫様の話がありました。

鉢かづき姫の案内板(4KB)
鉢かづき姫の案内板

 雨上がりで人気のない境内に入り、突風にあおられながら写真を撮っていると、突然女の子が現われ、「飛んでましたよ」と堤灯を差し出しました。
 状況を把握できないまま受け取り、元の場所に取り付けようと格闘したのですが、一向にらちがあきません。やむなく社務所に行き、チャイムを鳴らしても反応なし。留守かと思い、引き戸に手を掛けると、いとも簡単に開いてしまいました。施錠していない建物をのぞくのも気が引けるので、玄関に堤灯を置き、戸を閉めてそそくさと帰ったのでした。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpnykn.shtml