山陰亭

菅原神社(7KB)
菅原神社

所在地:福岡県北九州市八幡西区堀川町
 交通:JR鹿児島本線・折尾駅下車

かしわめし、つけたり天神社

かしわめし、つけたり天神社

(傾向)かしわめしで途中下車。でもどこで食べる?
(対策)いっそ博多を通過して県外に行っちゃうか……。

 縦と横に入り組んだ線路に合わせて駅舎を建てているだけに、折尾駅ははっきり言って変な形です。なので必然的に出口も分かりにくい。とりあえずちょっと裏口っぽい西口から出て下さい。そのまま福北ゆたか線に沿って進むと、折尾愛真学園下交差点に着きます。ここで右折し、坂道をずーっと登ります。
 距離にすれば100mもないでしょうが、段々道は細くなり、気がつけば民家の間に挟まっている階段だけになってしまいます。ここはどこ? 長崎? それとも尾道? てな気分ですね。少なくとも福岡だとは思えません。

 階段を登り切った原っぱ状態の広場にある、集会場を改造したような建物が天神社です。一応背後に本殿をくっつけた形になっています。裏側に回ったら、何と人様の畑に入り込んでしまいました。「境内」という概念はおそらく存在しない模様。

 折尾と言えばかしわめしですが、なかなか口にしないのです。なにしろ鶏ミンチのそぼろ・炒り卵・刻み海苔の色彩豊かな3色トッピングの下、全部白飯でしょう? 冷静に考えれば多いんですよ、ご飯の量が。大盛りや「幕の内風におかずいっぱいつけました」バージョンはありますが、逆に0.7人前位のミニサイズが欲しい……。ダイエットが理由ではなく単に飽きっぽいだけなんですけど。

 西口の外に弁当屋の本社があるので、そこに行っても良いのでしょうが、折角なのでホームで試食。かしわめしのそぼろを乗せたうどんを立ち食いですする。そぼろって粒が小さいから、汁物にすると何度か箸を突っ込んだ時点で見事に拡散してます(笑)。まあ旨いと言えば旨い。むしろ改札出ないで名物が味わえることに意義があるのかも。

 しかし素朴な難問。「ここで購入して、観光客はどこでかしわめしを食べるのか?」
 普通列車の車内は正直言って厳しい。
 特急を途中下車して次の特急に乗り直す。特急料金もったいない。指定席ならなおさらか。
 折尾まで在来線で、ここから特急(ソニックにちりん)に乗り換える。これが一番妥当ですが、食べてる内にすぐ博多だ(苦笑)。

鹿児島本線の在来線車両(6KB)
鹿児島本線の在来線車両

 ソニックにちりんは白いかもめと同じデザインなので、さぞクールな内装だろうと期待しながら、結局違う意味で個性的な在来線に乗るのでした。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtporsg.shtml