山陰亭

千喜万悦天満宮(8KB)
千喜万悦《せんきまんえつ》天満宮

所在地:京都市下京区五条通高倉東入ル堺町
 交通:京都市バス・五条高倉バス停下車

五条通の庭先

五条通の庭先

(傾向)中心部からは外れますが、比較的探しやすいです。
(対策)しかし興味をそそるのは、むしろ絵の方か。

 四条河原町から80系統のバスに乗ります。バス停を少し西に行ったところ、歩道橋の先に西念寺というお寺がありますが、その境内にあります。むしろ庭先と言うべきか。

 道真の描いた「菅家繁盛の図」なる絵を祭っているらしい。子だくさんな彼のこと、さぞ子供だらけの構図になるでしょう。ついでにイトコの宗岳むねおかクンあたりもいたりして(笑)。
 右脇には小さいながらも立派な臥牛がおります。片足を前に出し、こちらを睨む姿は、はっきり言って怖いです。

 高倉通の西の通りが間之町通あいのまちどおり。300mほど南下すれば文子天満宮の前に出ます。渉成園しょうせいえんの東側に沿って河原町通を北上し、看板を探すという作戦もありますが、このように五条通から攻めた方が分かりやすいかも知れませんね。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpsnkm.shtml