山陰亭

総福寺天満宮(4KB)
総福寺天満宮

所在地:大阪府泉佐野市日根野ひねの
 交通:南海ウイングバス南部・久の木バス停下車

重文に御対面

重文に御対面

(傾向)案内表示がなかなか親切で便利です。
(対策)これホントに重文? と思いますよ。

 南海本線の泉佐野駅かJR阪和線の日根野駅から、21系統(久の木行)か22系統(犬鳴山行)に乗ります。1時間に1〜2本出ています。バス停の手前に案内版があるので、指示に従って二度左折すれば、簡単に到着します。

本殿(6KB)
本殿

 総福寺という寺院の鎮守社です。もっとも、実際は神社と集会所の方が目立ち、十一面観音を本尊とする寺院本体は、「奥の庫裏っぽいのが本堂かな?」という感じで、今一つ良く分かりませんでした。
 草の生い茂る児童公園に向かい合って建つ、何の変哲もない神社ですが、本殿は重要文化財に指定されています。念のため言っておきますが、国の、ですよ。この小さい祠、何でも安土桃山時代の建築物なんだとか。
 参道は両脇を生垣に挟まれ、人ひとりがやっと通れる程度の幅しかありません。むろん手水もくじもなし。絵馬は紅白梅と宝船の2種類がありましたが、そちらには「日根野天満宮」とあり、どちらが正式名称なのかは謎です。

 臥牛は近年造られたブロンズ製。後ろに看板があり、「自分が良くなりたい部分を撫でる」と、使用法まできちんと書いてあったのが、むしろ新鮮でした。

臥牛(6KB)
臥牛

 この「日根(野)」という地名、かなり古い名前のようで、寛蓮という僧侶の和歌にも詠み込まれています。宇多法皇の熊野詣の道すがらの話ですが、熊野詣のパイオニア、こんな所でルート開拓をしていたのかと思うと、変に記憶に残りますね。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpsofu.shtml