山陰亭

「週刊朝日百科日本の国宝」第61号 朝日新聞社 1998

 『北野天神縁起絵巻』を見るのに、便利で安価な本を挙げてみました。税込560円也。
 国宝指定されているのは承久本(北野天満宮所蔵)ですが、天神縁起全般の紹介や渡唐天神像の解説まであり、いたれりつくせりです。あくまでもさわりとは言え、総頁数を考えればむしろお見事。かの有名な「恩賜御衣おんしのぎょい」のシーンは見開きで収録しています。個人的には津田本や雪舟の渡唐天神像が載っているのが嬉しい。

 絵巻全体を見るなら『続日本の絵巻15 北野天神縁起』(中央公論新社 1991)。フルカラーなのに4000円でお釣が来ます。ちゃんと弘安本も収録されてますし、解説を読めば、中途半端に終わっている承久本が、構想レベルではどんな構造を持っていたのか分かるので便利です。
 ただ、巻末の詞書釈文と絵を合わせて読むと気がつくのですが、図版に添えられた解説文が必ずしも正しいわけではありません。巻二の「我文草二十巻」は、「十二巻」の誤写ですが、解説文でも訂正されていません。また巻五の天拝山も、釈迦が「道真の赤心を賛嘆した」のではなく、「釈迦が仏になったように菅丞相は天満大自在天神となった」ということなんです。

 補足。知人に「恩賜御衣って何?」と源氏物語片手に聞かれたので書いておきますが、これは901年9月10日、道真が大宰府で作った「九月十日」という詩の一節。ちょうど1年前は宮中で詩を詠んで帝から衣を頂いたのに……というくだりです。学習用歴史漫画のお約束だし、源氏への引用という形で高校の教科書にも載ってるし、もちろんご存じですよ、ね?

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jrb/jrbwant.shtml