山陰亭

 「天神さんと弘法さんのケンカ」という京都人の発想に関する話。

 毎月の縁日、北野天満宮の天神さんが25日なら東寺の弘法さんは21日。この2日のうちどちらかは雨が降ると言われています。その理由は「天神さんと弘法さんは仲が悪いから」。
 弘法大師空海も平安時代きっての名文家ですから、セットで考えるのもあながち間違いではありません。しかも平安末期には「空海が道真になり、道真が小野道風になった」という転生説までありました(『政事要略』巻22・御霊会)。ただしこちらは「天神は詩文の神だから能筆のはず」という見方の産物です。道真が本当に能書だったかについては確証がありません。「伝道真筆」と称されるものは年代が合いません。公文書の署名など地味なのが出てくれば面白いんですが……。

 実際の天気まではさすがに調べたことはないのですが、確かに25日は雨だった、というパターンが結構ありました。旅行の際はお天気に気をつけましょう。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtprain.shtml