山陰亭

水火天満宮(8KB)
水火天満宮

所在地:京都市上京区堀川通寺ノ内上ル二丁目扇町
 交通:京都市バス・天神公園前バス停下車

登天石

登天石

(傾向)この磐座、何度見ても耐性つきません。
(対策)正面でチェック終了。

 京都駅から9系統に乗車。四条河原町からなら12系統です。堀川通の東側、南行きのバス停のすぐ隣にあります。

 没後4ケ月経った夏の日の夜、延暦寺座主であった法性坊ほっしょうぼう尊意そんえ の元を道真(の怨霊)が訪れ、出動要請を拒むよう依頼したのに、結局断られて激怒したのが柘榴ざくろ 天神の話の骨子ですが(能楽「菅丞相」)、度重なる宮中からの要請に、尊意はついに都へ向かいました。ところが、鴨川は氾濫し、到底渡れそうにもありません。そこで尊意が祈祷を始めると、水面が左右に割れ、その間から道真が姿を見せ、そのまま消え去りました。
 尊意が道真の足元にあった石を運び、供養したのがこの神社の始まりとされます。

登天石(16KB)
登天石

 その石が登天石。おそらく磐座いわくらの一種でしょうが、いびつで後ろにそりかえったような形をした奇妙な石で、側面から見ると気持ち悪くすらなります。

 絵馬のイラストは、道真が土下座する子供の後頭部を左手でなでる、個性的なもの。「おー、よしよし」って感じでしょうか。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpsuik.shtml