山陰亭

高岡関野神社(6KB)
高岡関野神社

所在地:富山県高岡市末広町
 交通:JR北陸本線・高岡駅下車

されど前田家

されど前田家

(傾向)で、どっちがメインなんでしょうか。
(対策)前田家って家紋が梅鉢だけに、天神社なのか見分けつかないんですよね。

 高岡古城公園とは反対側、アーケードを越えた向こうにあります。
 合祀されている神々がそうそうたる顔ぶれなので(天照大神とかイザナミノミコトとか本職の神様だし……)、間違えたのではないかとかなり不安になりましたが、臥牛はもとより、綱敷天神やら大津絵風の牛乗天神やらの絵馬もありましたので、一応は大丈夫みたいです。

臥牛(8KB)
臥牛

 2009年が高岡開町400周年だそうで、ゆるキャラ化した加賀2代藩主前田利長としながが街のあちこちに出没しています。頭上には左右から押しつぶした円錐形の鉄カブト。いい加減陣羽織にも飽きたのか、高岡駅のホームでは冬の制服姿。違う意味で有名になっちゃった奈良の誰かさんとは段違いに可愛いんですけど、いかんせん知名度がない気がする。
 高岡とくればまず大仏を見て、万葉歴史館にも寄って……、と思いきや、万葉歴史館は氷見ひみ線(はっきり言ってローカル線)に乗り、伏木駅で降りて徒歩20分以上というとんでもない立地にありました。下手をすれば1日つぶれます。

 あと高岡市では、「山町筋の天神様」と題し、古い町並みの軒先に天神像や天神画像をディスプレイする企画が毎年1月頃に行われています。興味はあるものの、冬の寒さまっただ中の時期に高い交通費払ってまで雪国に行きたくないんですよね〜。大阪や名古屋から特急で3時間というのは遠いですよ、本当に。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtptaka.shtml