山陰亭

北野神社(6KB)
北野神社

所在地:東京都文京区春日
 交通:東京メトロ丸ノ内線・後楽園駅下車

牛天神の催眠術

牛天神の催眠術

(傾向)無二の珍品、ではないらしい。
(対策)さあ、自己暗示の時間です!

 他の同名の神社と区別する意味で「牛天神」の三文字を冠して呼ばれることがありますが、その理由は創建にまつわる伝承にあります。
 平安末期の寿永3(1184)年、源頼朝がここで船を停泊させて潮待ちをしていた際、牛に乗った天神が夢に現れ、彼に2つの幸いが訪れると告げました。夢から覚めた頼朝が、ふと横を見ると、夢で見た牛に良く似た形をした石がありました。彼は驚きを禁じ得ませんでしたが、果たせるかな、この年に長男頼家よりいえが生まれ、翌年には平家を破ることができました。そこで、「2つの幸い」とはこのことだったかと思い、件の潮待ちの地に天神社を建てたのだそうです。
 ということは、いまいちピンとこないのですが、その昔は海辺だったということです。それはいいのですが、境内の掲示に創建の年を「元暦元(1184)年」と書くのは変な話で、全国に地頭を置いた翌元暦2(1185)年のことになりますね。事実関係を云々する以前に、寿永3年と元暦元年って同じ年ですから。

境内の石(5KB)
境内の石

 さて、問題の石です。大きな石です。周囲をしめ縄に囲まれ、絵馬にも描かれる石です。石だ石だ……、いや違う、牛だ牛だ牛だ……と自己暗示を掛けつつ眺めてみれば、首を腹の方へ曲げた牛に見えてきます。もっとも、三先天満宮金沢神社にも同様の石がありますから、首を曲げた牛に見える石は、まだまだ世間にありそうです。

 さて、ここからは余談。この神社で思い出すのは、千百年祭の案内の看板に書いてあった「新・天神伝説生まれる」というキャッチフレーズに思いっきり引いてしまったことと、朱印を頼んだら朱印帳の裏面に書かれてしまったこと。東京国立博物館であったイベントで、ここのスタッフが挨拶していたこともありますが、その内容は全然覚えていないんですよね……。変なことばっかり記憶に残す筆者なのでした。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpuskt.shtml