山陰亭

福島天満宮(6KB)
福島天満宮

所在地:大阪市福島区福島
 交通:阪神電鉄本線・福島駅下車
    JR東西線・新福島駅下車
    大阪市バス・浄正橋バス停下車

福島でも大阪プラネタリウムと漆黒の闇

福島でも大阪

(傾向)話が連想ゲームめいているのは恣意じゃありません。
(対策)展開が紙背で絡み付いている気が……。

 大阪天満宮駅からJR東西線で2駅。そこからなにわ筋を中之島方向へ歩くこと100m。道路の西側にあります。境内は木がうっそうと茂り、いつ行っても薄暗く静かな感じがします。

 大宰府に向かう途中、風待ちのために立ち寄った道真を、地元の人間が接待したので、道真は自画像を与え……、というよくある話の後ろに、道真が「鹿飢がき島」という地名を「福島」に改めるように言った、という話がついています。道真でなくても改めたくなる名前ですが、都落ちした公家に山川の名前を京都風に変えられたという、どこかの小京都の話も連想してしまいました。
 そして今、駅前にあるホテル阪神の天然温泉は、接待した人物の名を取って「徳次郎の湯」と命名されました。

 正暦4(993)年、勅使菅原為理が太政大臣追贈のため安楽寺(今の太宰府天満宮)へ向かう道中、風待ちの合間にこの天神画像に酒を献上したところ、画像の顔が赤くなったという話もあります。こう書くと平賀源内が子供の頃作ったという、御神酒天神の掛軸を思い出しますが、源内は讃岐の人でした。讃岐は言うまでもなく道真の赴任先。

 だからというわけでもないんですが、福島にある讃岐地鶏の石焼きの店に行ってみました。大阪朝日放送の南の「讃」という店です。ごく内輪のメンバーでお酒飲むための店ですね。内装は洗練された居酒屋で、料理は地鶏と豆腐・豆乳関係。ぐるなび関西版のクーポンを使うとグラスワインとシャーベットがついてくるんですが、お酒パスしたらマンゴージュースが出てきて得した気分。御飯を頼んだら御漬物がついてくるし、突き出しのうどんチップスは無料。……結構オマケに負けてます(笑)が、実際に支払った金額は1300円程度だったので、儲からない客だったと思います。

 浄正橋の交差点付近に牛の絵の看板が出ていたので、よく見ると牛肉ラーメンの店。もし織込済だったら、意味深長を通り越してちょっと怖い位置関係です。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ

プラネタリウムと漆黒の闇

(傾向)現実まで機械で体験する時代。
(対策)身体の感じるままに任せる。

 清水寺(京都市東山区)の胎内めぐりは暗くて怖いと評判ですが、これより格段に暗くて怖いものを御紹介しましょう。大阪市立科学館(大阪市北区)のプラネタリウムです。福島天満宮から、なにわ筋をさらに下った先にあります。
 巨大なプラネタリウムの上演プログラムは、その日の大阪市の夜空から始まるのですが、突然「では、もしビルの照明が一斉に消えるとどうなるでしょう?」と、本来の夜空に切り変わります。これがとにかく怖い。腰掛けていた椅子も周囲の人も消え、自分ひとり漆黒の闇に飲み込まれるような錯覚に陥ります。
 ほんの数分間のマクラに過ぎないのですが、ちょっとやそっとの闇なら明るく感じるようになるこの世界、一度お試しあれ。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpfuku.shtml