山陰亭

服部天神宮(8KB)
服部天神宮

所在地:大阪府豊中とよなか市服部元町
 交通:阪急電鉄宝塚線・服部駅下車

異色の天神さん

異色の天神さん

(傾向)結構不思議な世界。
(対策)あまり真剣に考えると疲れる。

 駅前を歩いていると横断幕があったりして、探すのは簡単です。ただし駅方向からだと神社の裏側に着くので、最初はちょっと驚くかも。
 「天神宮」は珍しい名称だと思いますが、知る限りでは御幸森天神宮(大阪市)・岸和田天神宮(岸和田市)と、なぜか大阪府ばかり。

 もともと医薬神の少彦名命すくなひこなのみことが祭られていました。そこへ大宰府へ向かう途中脚気で歩けなくなった道真が参拝し、たちまち治ったということで、今でも足の神様として知られています。
 線香が焚かれているところも他の天神社とは違っています。

 境内にはなぜか奈良時代の政治家・藤原魚名うおな (721〜783)の墓まで存在します。摂津国で療養中に帰京を許されたと彼の薨伝にはあるので、文字通りにとれば平城京で死んだことになるんですが……。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2014 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtphatt.shtml