山陰亭

 名称で天神社と判断される神社は全国に数多くあります。例えば「○○天満宮」「天満神社」「○○天神社」「菅原神社」等々。しかし木花咲耶姫このはなさくやひめを祭るわら天神(敷地神社・京都市北区)のように、「天神」を冠していても、道真とは無関係な場合だってあるのです。

わら天神(7KB)
わら天神

 天神は雷を神格化したものですから、農業とのつながりが深く、そこに道真が習合したのが現在の天神信仰です。
 むしろ堤灯などに「梅鉢」という神紋が使われているかどうかを手掛かりにして下さい。神社によって微妙にデザインが違うので、どの神社の系統かも見分けることができます。

 次に、菅原道真を祭る天神社をルーツ別に整理してみましょう。
 まず、以前から寺社があった場合。別の寺社が天神社になったもの(例:大阪天満宮)、複数の祭神のうちに道真を含むもの(例:金沢神社)があります。多くはこれで、中でも農業神として祭っていることが多いのではないでしょうか。
 そして寺社ではない場所に道真を祭るため建てたもの。道真ゆかりの土地だった(例:滝宮天満宮)か、北野・太宰府などから勧請した(例:湯島天満宮=北野系、亀戸天満宮=太宰府系)かのどちらかです。

火之御子社(9KB)
火之御子社

 ただし完全に区分できるものではありません。例えば、北野天満宮はもともと馬場でしたが、道真の生前からすでに火雷神を祭る祠がありました。境内の火之御子社ひのみこしゃがその名残りです。

▼ 末尾へ▲ 先頭へ


トップこのサイトについて3分で読む菅原道真みちざねっと・きっずFAQ読者アンケート
苦しい時の神頼み普通の人のための読書案内漢詩和歌快説講座作品一覧「研究文献目録」補遺

(C)1996-2017 Makiko TANIGUCHI. All rights reserved.
http://michiza.net/jtp/jtpclas.shtml